学力向上に向けての主な特色

志木高等学校 学力向上への取組
 志木高校では、生徒ひとりひとりの学力向上と進路希望の実現を目指して、意欲を引き出す授業の工夫改善に学校全体で取り組んでいます。


1 シラバスに基づいた、「分かる授業、伸ばす授業」の展開
 単元毎に「到達目標」を設定した、本校独自のシラバスで授業計画を行うとともに、振り返りの有効活用をしています。


2 習熟度別授業展開
 1学年の「数学Ⅰ」「数学A」「コミュニケーション英語Ⅰ」、2学年の「数学Ⅱ」「コミュニケーション英語Ⅱ」、3学年の「コミュニケーション英語Ⅲ」の授業では、習熟度に応じて少人数で授業を展開し、生徒個人のレベルに合わせた授業を行っています。


3 進学補講の実施
 全学年を対象に、長期休業中に進学補講を実施しています。また、検定試験(漢字・英語・パソコン)に向けての対策補講も行っています。