陸上競技部

フォトアルバム

陸上こうちゃん
 

陸上競技部の紹介

陸上競技部は「和気あいあい」かつ「真剣」に活動している部です。
陸上競技部 陸上競技部

陸上競技部 陸上競技部

☆活動日:月~土(大会がある時は日曜の可能性もあり)⇒週に1日程度のオフを設けています。

☆活動時間:平日2時間程度、休日は3時間程度 長距離ブロックは朝練習あり

☆活動内容:短距離・中長距離・跳躍・投擲の各ブロックに分かれ練習しています。メリハリを持った練習を心がけており、短時間でも効率的で合理的な練習を行います。長期休業中は合宿も行います。

☆部員数:男子14名、女子15名、合計29名(3年生は含まない) 顧問3名

☆活動場所:学校グラウンド、学校裏土手(1周2km)、親水公園、朝霞陸上競技場

☆出場大会・記録会(平成29年度、予定含む)

  ・4/21(金)~4/23(日) 学校総体西部地区大会(川越)

  ・5/4(木)川越市春季陸上競技記録会

  ・5/12(金)~5/15(月) 学校総体埼玉県大会(熊谷)

  ・5/28(日) 長・跳・投記録会(上尾)

  ・6/4(日) 短・跳・投記録会(上尾)

  ・6/16(金)~6/19(月)関東高等学校陸上競技選手権大会(千葉)

  ・7/15(土)~7/16(日) 国体少年の部西部地区予選会(川越)

  ・7/28(金)~8/2(水) 全国高等学校陸上競技選手権大会(山形・天童市)

  ・9/3(日) 秋季記録会(上尾)

  ・9/17(日)~9/18(月) 新人陸上西部地区大会(上尾)

  ・9/28(木)~9/30(土) 新人陸上県大会(熊谷)

  ・10/9(月) クラブ対抗兼記録会(上尾)

  ・10/21(土) 関東高校新人陸上競技大会(東京・駒沢オリンピック公園)

  ・10/21(土) 平成国際大学長距離記録会(鴻巣)

  ・10/29(日)川越市秋季陸上競技記録会

  ・11/1(水) 全国高校駅伝埼玉県予選会(熊谷)

  ・12/10(日)新座市冬季記録会

  ・1/7(日)県南駅伝大会(朝霞)

  ・1/21(日)ふじみ野ロードレース

  ・2/4(日)埼玉県駅伝(さいたま新都心~熊谷)

  ・2/14(水)西部地区新人駅伝(川越)

  ・3/17(土)スプリングフェスティバルin駒場(駒場)

 

【中学生のみなさんへ】

顧問より

陸上競技部では、志木高の校訓「志高く」のもと、陸上競技を通じて「自立した個人」の育成を目指して

活動しています。

陸上競技は、意欲と工夫次第で、いくらでも可能性の広がる素晴らしいスポーツです。志木高校は、陸上部員のうち7割程度が中学校での未経験者です。高校に入ってから教わり、自己記録を伸ばしていく選手がほとんどです。あなたの“伸びしろ”を信じて、高校で新しいことを始めてみませんか。陸上競技部は、新しいチャレンジを全力で応援します!

 

部長より

僕たち陸上競技部は、一人ひとりがしっかりと目標を持ち日々練習をしています。普段の練習では、誰かが走っていればみんなが応援し競い磨き合う、ひとつのチームとして活動しています。

練習は、楽しいことばかりではなく苦しいことの方が多いです。しかし、その分やりがいのある部活でもあります。努力の数だけ強くなります!

志木高校陸上競技部は、誰よりも“速く”“高く”“遠く”を目指す人をお待ちしています!

集合写真

☆マネージャー募集!
マネージャー募集
 マネージャーも大募集中です。練習時のタイム計測や準備・片づけ、試合時の記録や動画撮影など、仕事は盛りだくさんですが、やりがいのある仕事です。チームに「うるおい」をもたらしてくれる存在です。未経験者大歓迎ですのでお待ちしています。




☆練習を見に来ませんか?
時期を問わず、随時受け付けておりますので、下記にご連絡の上、お越しください。  
 

志木高校 048-473-8111

担当 山本・青木・嶋田

 

 

日誌

陸上競技部の活動
123
2018/07/02

関東高等学校陸上競技大会 結果報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

5月の埼玉県大会を勝ち抜いて迎えた先日、群馬県敷島市にある「正田醤油スタジアム」にて、本校3年生の味田海斗(みた かいと)が関東高等学校陸上競技大会に出場しました。種目は、800mと1500mの2種目です。

 

/15(金)、最初の種目である1500m予選に出場し、自己ベストから10秒遅れての410秒で最下位。全く本来の走りができず、本人の落ち込みも大きく、残念な結果となりました。

間に1日置いて迎えた6/17(日)は、本職の800mです。インターハイを目指して本気で取り組んできた種目ですから、何とか気持ちを持ち直して迎えました。1500mに比べれば調子は上がっていましたが関東の壁は厚く、1分57秒で予選落ちに終わりました。

今回の関東大会は、大きな大会で力を発揮することがいかに難しいかを痛感する大会でした。トレーニング計画の見直しや、トレーニング内容の根本的な見直しが必要だとも感じました。

 

ここまで必死に練習を積んできた味田君は、サッカー部から転部してから1年と少しでここまで成長したことに大きな可能性を感じる選手です。今後も陸上競技を続けて、強い選手になってほしいと思います。

 

付き添いとして応援に行った部員諸君、当日駆けつけた残りの部員諸君もお疲れ様でした!





18:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/05/16

学校総合体育大会西部地区予選会・埼玉県大会(インターハイ予選)

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

①西部地区予選(4/2022) 川越市陸上競技場

 インターハイへの道のりは1発勝負。どんなに記録が良くとも、アクシデントがあったり失敗をしてしまったらそこで終了です。険しい道のりですが、どんなレベルの選手でもここから始まるのです。

県大会は各種目上位12人が出場できますが、その切符をかけて連日熱戦が繰り広げられました。

3年生はこの大会を最大の目標にして日々厳しい練習を乗り越えてきました。その総決算です。

以下、県大会出場選手です。

 

女子

◎400m 徳宮実佑 1.01.94 5位入賞 県大会出場

◎800m 徳宮実佑 2.26.5  県大会出場

◎4×100mリレー 51.37   県大会出場

◎4×400mリレー 4.24.23 県大会出場

 

男子

◎800m    味田海斗  1.56.03    2位入賞

◎1500m   味田海斗  4.03.67    5位入賞

◎3000m障害 味田海斗  9.55.34   5位入賞

◎3000m障害 山口里士  10.13.85   県大会出場

◎走り幅跳    田名邊時生 6m68cm  5位入賞

◎棒高跳     佐藤匠悟  3m90cm  優勝

◎男子4×100mリレー    44.48    県大会出場

◎男子4×400mリレー    3.33.60   県大会出場

 

②埼玉県大会(5/1114)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 いよいよ迎えた県大会。関東大会へは各種目上位6名までが出場できます。

選手達は出られなかった人の思いも背負って競技に臨みました。暑かったり寒かったり雨が降ったり…不安定なコンディションで調整が大変でしたが、チームメートの支えもあり、3年生の味田海斗が見事に2種目で関東大会出場を決めました!

味田の話を少しします。彼は試合前、調子の良くない時は口数が多く、様々な不安を口にします。内容はレース展開であったりフォームの事だったりさまざまです。今回はどうかなと思って「調子はどうだ?」と声をかけました。そうしたら「やるべきことをやるだけなんで大丈夫です」という答えが返ってきました。それを聞いてよし、これは大丈夫と確信し、余計な事は言わず、見守るだけにしました。結果としてスローペースのレース展開にうまく対応し、2種目で関東大会を決めました。

 

関東大会は6/15(金)~6/18(日)に群馬県前橋市「正田醤油スタジアム」にて行われます。志木高としては2年連続の関東大会進出です。このままの勢いで、2年連続のインターハイ進出を決めたいところです。ぜひとも応援よろしくお願い致します!

 

男子

◎800m  味田海斗  1.58.70   4位入賞 関東大会出場!

◎1500m 味田海斗  4.08.18   4位入賞 関東大会出場!

◎棒高跳び  佐藤匠悟  4m00cm 7位入賞


田名邊時生(3年)走幅跳

佐藤匠悟(3年)棒高跳

味田海斗(3年)800m・1500m
20:40 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0) | スポーツ
2018/01/09

冬季トレーニングに励んでいます

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員

 2018年、今年もよろしくお願いいたします。

 さて、陸上競技部では、年末に強化練習として他校と合同練習を行い、年が明けた1/7(日)には、朝霞運動公園周辺を走る「県南駅伝競走大会」に出場しました。この駅伝は今年の走り初めということで、ブロックに関係なくほぼ全部員・マネージャーが出場し、今年1年を頑張るんだ!という思いを新たにしました。

学校の練習では冬季トレーニングが中盤に差し掛かり、連日厳しい練習に励んでいます。冬季トレーニングの基本コンセプトは「地形を有効活用すること」です。さまざまな形状の地形で練習することで、普段グラウンドで走るのとは違った刺激を体が受けるので、ケガを防ぎやすく、効果的な練習ができると考えています。志木高のすぐ隣は土手になっており、その土手を駆け上がったり、近くの公園の坂を利用してダッシュや補強を行っています。

また、短距離・跳躍・投擲では、今年から本格的にウエイトトレーニングを導入し、「パワーの向上」を目的に取り組んでいます。長距離は、2/4(日)に行われる埼玉県駅伝に向けての走り込みを増やしているところで、その先に待つインターハイ予選を見据えながら毎日トレーニングしています。

大会がなく、意欲を持ちづらい時期であるからこそ、明確な目標を持ち、1日1日を大切に過ごしてほしいものです。






17:09 | 投票する | 投票数(15) | コメント(0)
2017/11/06

全国高等学校駅伝競走大会埼玉県大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 部顧問

 11/1(水)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場周辺特設コースにて、長距離選手にとって1年間で最大の舞台である、高校駅伝の県大会が行われました。

男子:7区間42.195km、女子:5区間21.0975kmの距離で行われ、結果としては男子78チーム中41位、女子47チーム中40位でした。

志木高校における駅伝の歴史はあまり無く、男女とも昨年10数年ぶりの出場でした。その中で、男子は昨年最下位から3番目のチームだったのが今年は15分記録を伸ばすことができました。女子においても、昨年と順位は同じですが、記録を1分近く更新することができました。

長距離ブロックは、普段はグラウンドの他に学校裏の土手(1周2km)や新河岸川沿いにある親水公園(1周約1.3km)、柳瀬川沿いなどを走っています。真面目で地道な努力のできるメンバーがそろっており、今年は朝練習の回数を増やしたことが、この結果に結びついたのだろうと考えています。

駅伝の壁は厚く、本気で上位を狙うには道のり遠し、というところですが、懸命で地道な積み重ねの先に歴史は作られると信じて、今後も努力を続けていきます。

当日は、全部員でサポートし、記録の計測や順位、前との差などを伝えてもらいました。お疲れ様でした!







【女子】

1年生ながらエース区間を任された女子1区 平出(1年)

主将として走り、順位を上げた2区 徳宮(2年)

3年生として堅実な走りでチームに貢献した3区 工藤(3年)
 
初めての駅伝で、順位をキープする力走をした4区 栗原(1年)

アンカーとして必死の走りで順位を守った5区 小諸(2年)

【男子】

エースとして流れを引き寄せる走りをした男子1区 味田(2年)

スピードを生かして流れを手放さなかった2区 濱岡(3年)

1年生ながら準エース区間を任され、力走する3区 山口(1年)

男子主将として意地の走りを見せた4区 長澤(2年)

苦しみながらも必死に襷をつないだ5区 前山(1年)

最後まで気持ちを切らさず、粘りの好走を見せた6区 下沢(2年)

1年にしてアンカーを任され、力走する7区 根岸(1年)


11:14 | 投票する | 投票数(23) | コメント(0)
2017/10/25

関東新人選抜陸上競技大会の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 部顧問

 10/21(土)、駒沢オリンピック公園陸上競技場(東京)にて関東新人陸上競技大会が行われ、男子棒高跳で埼玉県大会を2位で勝ち上がった佐藤匠悟(2年)が出場しました。

 台風接近に伴い、気温15度、雨、強風という悪条件の中の大会で、本人も「跳ぶのが怖い」というほどのコンディションでした。せっかくウォーミングアップをしても、すぐに体が冷えてしまい、ベストの跳躍とはなりませんでしたが、来春再び関東大会に出場し、このメンバーとインターハイを争うんだという気持ちを新たにすることができた大会だったと思います。この冬、厳しいトレーニングを積んで、来年こそはやってくれると期待しています。

 テスト中にも関わらず、前日から同行してサポートしてくれた田名邊くんもお疲れ様でした。

棒高跳に出場した2年の佐藤匠悟


駒沢オリンピック公園陸上競技場


1回目で3m80を成功させたが、低温・強風でコンディションに恵まれず・・・


09:52 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
123