陸上競技部

フォトアルバム

陸上こうちゃん
 

陸上競技部の紹介

陸上競技部は「和気あいあい」かつ「真剣」に活動している部です。
陸上競技部 陸上競技部

 

☆活動日:月~土(大会がある時は日曜の可能性もあり)⇒週に1日程度のオフを設けています。

☆活動時間:平日2時間程度、休日は3時間程度 長距離ブロックは朝練習あり

☆活動内容:短距離・中長距離・跳躍・投擲の各ブロックに分かれ練習しています。メリハリを持った練習を心がけており、短時間でも効率的で合理的な練習を行います。長期休業中は合宿も行います。

☆部員数:男子14名、女子15名、合計29名(3年生は含まない) 顧問3名

☆活動場所:学校グラウンド、学校裏土手(1周2km)、親水公園、朝霞陸上競技場

☆出場大会・記録会(平成29年度、予定含む)

  ・4/21(金)~4/23(日) 学校総体西部地区大会(川越)

  ・5/4(木)川越市春季陸上競技記録会

  ・5/12(金)~5/15(月) 学校総体埼玉県大会(熊谷)

  ・5/28(日) 長・跳・投記録会(上尾)

  ・6/4(日) 短・跳・投記録会(上尾)

  ・6/16(金)~6/19(月)関東高等学校陸上競技選手権大会(千葉)

  ・7/15(土)~7/16(日) 国体少年の部西部地区予選会(川越)

  ・7/28(金)~8/2(水) 全国高等学校陸上競技選手権大会(山形・天童市)

  ・9/3(日) 秋季記録会(上尾)

  ・9/17(日)~9/18(月) 新人陸上西部地区大会(上尾)

  ・9/28(木)~9/30(土) 新人陸上県大会(熊谷)

  ・10/9(月) クラブ対抗兼記録会(上尾)

  ・10/21(土) 関東高校新人陸上競技大会(東京・駒沢オリンピック公園)

  ・10/21(土) 平成国際大学長距離記録会(鴻巣)

  ・10/29(日)川越市秋季陸上競技記録会

  ・11/1(水) 全国高校駅伝埼玉県予選会(熊谷)

  ・12/10(日)新座市冬季記録会

  ・1/7(日)県南駅伝大会(朝霞)

  ・1/21(日)ふじみ野ロードレース

  ・2/4(日)埼玉県駅伝(さいたま新都心~熊谷)

  ・2/14(水)西部地区新人駅伝(川越)

  ・3/17(土)スプリングフェスティバルin駒場(駒場)

 

【中学生のみなさんへ】

顧問より

陸上競技部では、志木高の校訓「志高く」のもと、陸上競技を通じて「自立した個人」の育成を目指して

活動しています。

陸上競技は、意欲と工夫次第で、いくらでも可能性の広がる素晴らしいスポーツです。志木高校は、陸上部員のうち7割程度が中学校での未経験者です。高校に入ってから教わり、自己記録を伸ばしていく選手がほとんどです。あなたの“伸びしろ”を信じて、高校で新しいことを始めてみませんか。陸上競技部は、新しいチャレンジを全力で応援します!

 

部長より

僕たち陸上競技部は、一人ひとりがしっかりと目標を持ち日々練習をしています。普段の練習では、誰かが走っていればみんなが応援し競い磨き合う、ひとつのチームとして活動しています。

練習は、楽しいことばかりではなく苦しいことの方が多いです。しかし、その分やりがいのある部活でもあります。努力の数だけ強くなります!

志木高校陸上競技部は、誰よりも“速く”“高く”“遠く”を目指す人をお待ちしています!

集合写真

☆マネージャー募集!
マネージャー募集
 マネージャーも大募集中です。練習時のタイム計測や準備・片づけ、試合時の記録や動画撮影など、仕事は盛りだくさんですが、やりがいのある仕事です。チームに「うるおい」をもたらしてくれる存在です。未経験者大歓迎ですのでお待ちしています。




☆練習を見に来ませんか?
時期を問わず、随時受け付けておりますので、下記にご連絡の上、お越しください。  
 

志木高校 048-473-8111

担当 山本・青木・嶋田

 

 

日誌

陸上競技部の活動 >> 記事詳細

2018/10/02

陸上競技部 新人戦報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 職員
9/16(日)・17(月)に新人戦の西部地区予選が上尾にて行われ、続く9/27(木)~29(土)の3日間、埼玉県大会が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて行われました。

 西部地区予選は、一人ひとりが全力を出したものの、あと一歩で県大会の出場権を逃す種目が続出という悔しい結果に。そんな中、男子の3000m障害では2年生の山口里士が見事優勝!西部地区チャンピオンとなりました。また、1年生の磯野然が、同じく3000m障害で4位入賞と躍進しました。近年の志木高は、男子の中・長距離種目で複数の西部地区チャンピオンを輩出しており、山口もそれに続いた形になります。

 10日後に行われた県大会。今年はリレーと3000m障害の出場となり、昨年に引き続いての関東新人を狙いましたが、力及ばず。いずれも予選落ちとなり、残念な結果となりました。

 2年生の代として迎える初めての公式戦で、大きな反省点を残して終わった今回の大会。様々な部分で考えなければならないことがたくさんあります。

 これで、2018年のトラック&フィールドのシーズンはほぼ終了です。来春に向けて、これから厳しい冬季トレーニングが始まります。きちんと今シーズンの反省をし、来年こそは捲土重来を期してほしいと思います。


19:37 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)